2017年6月7日水曜日

【上映案内】「This is a 海兵隊」「This is a オスプレイ」

=劇場公開も始まります=

●大 阪●
シアターセブン(十三) 6月17日(土)~ 

 Bプログラム:「This is a オスプレイ」
 6月17日(土)・18日(日)は、Aプログラム終了後、監督トーク。
 2プログラム・3作品を全部みられる前売り券 1500円で販売中。
 上映スケジュール、当日料金は→こちらから

●沖 縄●
海兵隊を考える連続上映会
『This is a 海兵隊』 『ONE SHOT ONE KILL』
名護(6/18)、那覇(6/30、7/9)にて、2本立て上映。

6/18(日)名護市中央公民館小ホール(名護市港2-1-1)
      1回目10:00(~12:05)
      2回目14:00(~16:05)

6/30(金) てんぶす那覇4Fホール(那覇市牧志3-2-10)
      1回目14:00(~16:05)
      2回目19:00(~21:05)

7/9(日) 県立博物館・美術館 講堂(那覇市おもろまち3-1-1)
      14:00(~16:05)


*参加費(名護・那覇とも) 当日:1000円(前売り券800円)
主催:ななち家 チラシは→こちら(PDF)

2017年6月5日月曜日

『This is a 海兵隊』『This is a オスプレイ』

戦場までアメリカについて行ったら、日本はどうなるのか。

≪This is a 海兵隊≫

沖縄の米軍基地の3分の2を占める海兵隊。彼らは沖縄でどんな訓練をし、どこで戦争をするのか。
ベトナム戦争からイラク戦争まで、元海兵隊員が語る沖縄での訓練と戦争の現実。尖閣で何かあった時、海兵隊は果たして、助けに来てくれるのか。前泊博盛、佐藤学、半田滋、屋良朝博ら、研究者、ジャーナリストがその問いに答える。
沖縄にいる海兵隊の次の戦場を決めるのは、誰なのか。


藤本幸久・影山あさ子共同監督作品
製作・著作 森の映画社/2017年/57分
撮 影:栗原良介   藤本幸久  編 集:栗原良介 ナレーション:影山あさ子
作 画:ねこまたや 日本語字幕:影山あさ子
映像提供:The White House/The United States Marine Corps/The National Archives and Records Administration 
配 給:影山事務所

≪This is a オスプレイ≫
沖縄県民の強い反対の中、2012年10月1日、米海兵隊普天間基地に強行配備されたオスプレイ。危惧されていたとおり、2016年12月13日、沖縄県名護市安部の海岸に墜落した。
オスプレイはなぜ落ちたのか。ジャーナリスト、研究者が分析する。
米軍北部訓練場に、全国から1000名の機動隊を動員して新たに作られたオスプレイ用のヘリパッド。ヘリパッドに取り囲まれた東村・高江の暮らしは、今、どうなっているのか。
千葉県木更津で整備が始まり、東京・横田基地への配備も決まったオスプレイ。
陸上自衛隊も17機の購入を決めた。
オスプレイは、日本中どこでも飛ぶ。日米地位協定で、米軍の飛行の自由が保障されているからだ。



藤本幸久・影山あさ子共同監督作品
製作・著作 森の映画社/2017年/60分
撮 影:栗原良介   藤本幸久   影山あさ子   酒村多緒   小田切瑞穂   
編 集:栗原良介 ナレーション:影山あさ子 作画:ねこまたや
配 給:影山事務所